2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09












スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

つ、疲れた…

2004年11月17日(水)
 こっそりヤフオクに着物2点とワンピースを出品してきました。
 といっても、私が作ったものじゃないんですけどね。(^^;) うちの母と、母の友人たちが作ったものです。
 うぅ、着付けから撮影、出品まで一気にやってしまうとさすがに疲労困憊ってトシかしら。(--;)

 それにしても、私もお洋服、作れるようになりたいです。オクに出品するためぢゃなく、うちの子たちのために作りたい。
 こういう服着せたい! と思っても、希望通りのデザインのモノがあるとは限らないし。(--;)
 おっ、これいい! と思うのは手の出ないお値段にあっという間にハネあがるし。(T_T)
 いっそ自分で作れれば~~~……… と、日々思うわけですが、いかんせん、中学の家庭科でパジャマとスカートを作って以来、針をもつのはボタンをつけたりほつれたスカートの裾をかがる程度で、何から手をつければいいやら皆目見当もつきません。( ..)ヾ ポリポリ そういえば、高校の家庭科では縫い物した覚えがないなあ。噂では浴衣を作るとかって話だったのに、結局、何もしなかったのはうちらの家庭科担当の先生が縫い物好きじゃなかったのか?(^_^;)

 そんな私の母は、洋裁・和裁、なんでもござれです。なにせ昔々の若い頃はお針子さんをしていたセミプロ。私が子どもの頃は既製服を着たことがほとんどなかったくらい、何でも母の手作りの服を着せられていました。短大卒業するまで、母へのおねだりは、「お洋服買って~」じゃなくて、「ねー、こんなの(自分で描いたデザイン画を見せる)作って!」でした。成人式の振袖も2着作ってもらったし。まあ、逆にそんな人が親だったから私は自分のために針を持つ必要がなかった、ともいえるか。

 それならDoll服も母に頼んで作ってもらおう! と思ったら、
「トシ取ってなかなか長時間はできなくなったから、自分が作りたいものしか作らない」
 とか宣言されてしまいました。とほ。まあ、着物は柄に文句を言わないという条件で(?)作ってくれるのでヨシとしよう。

 着物のモデルをする際、美雛のアイがデフォのブルーだと今ひとつ外人さんが日本の着物を着ている、という感じになりそうだったので、20mmのヘーゼルグリーンのアクリルアイに変更したら、これがすっごいよく似合ってむちゃくちゃかわいいvv しばらくはこのアイでいこうと思います。
 そして、モデルしたついでにみちると美雛はお着替え。
 みちるは以前とりこさんからいただいたエプロンドレス。季節にはちょっと合わないけど、かわいいので無問題。(おい)
 そしてそして、美雛には、以前、オクで購入したmakotosadakoさんのセーラーカラーワンピを着せて、前回のドルパでゲットしたワンカールボブウィッグを被せたら……すっごい萌え……(乃瑠に似あいそうだと思って落としたんだけど、美雛にも似合ってしまったわ)。
 出品用画像を撮るだけで力尽きてしまったので写真を撮っていないのだけど、ちかぢか撮ってアップしようと思います~。ああ、美雛ってば、激かわだよ~っ!!
旧Diaryデータ | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。