2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09












闘い終わって日が暮れて

2004年12月28日(火)
 このCGIの唯一の不満は、過去日記が書けないことなんですが、「日記はその日のうちに書く」というのがCGI作者様のポリシー(?)だそうなので、文句は言えません。(言える立場でもないし)

 ということで、だいぶ日が経ってしまいましたが、アフターの話をば。

 紫雨さん(キャプテンセシル)お迎え時は、極端に数が少ないという事前情報があったので少々裏技的なことをして、早朝というより早々朝(深夜に近いくらいの早朝?(^^;))に行きましたが、今回はとりあえず数は作ったらしい、という噂も聞いていたので、普通に地元駅の始発で行きました。

 もちろん、防寒対策はばっちり。
 靴の中用ホッ●イロを靴に入れ、腰のところに貼るオ●パッ●スミニを2つ貼り、コートのポケットにミニミニ●ッカイロを1つ。更に寒かった時のために未開封のミニミニカイロを2つ、カバンの中へ入れ、コートの上にマフラー代わりのケープを羽織って、出発~。

 家を出たのは5:30近くでありました。地元駅……遅いんですよ、始発。(--;) 横浜SRに着いたら、既にズラーッと並んでました。正直、前回並びに行った時(えーっと、いつだっただろう… あ、紫雨お迎えの時か。(^^;ゞ 考えてみたら、アフターで限定っ子をお迎えするのは久々なんだわ。これが最後にしたいもんだ。(笑))から考えると、もう少し少ないかと思っていたのに、既に100人近い人が並んでいたんです。
 実際は私は整理券ナンバーは50番台後半でした。ただ、スパロボ系狙いの人が数名、「完売しました」の声で列を離脱したから、おそらく並んだ当時は60番台だったのではないかと思います。でも、私の目には100人近くに見えました。なにせ階段折り返してズラーッと隣りの東急ハンズの駐車場前を全部占領してたんだから。(^^;)
「うわー。お迎えできなかったらどうしよ。速攻で帰ってWeb間に合うかなあ」
 なんてことまで考えつつ、やっぱり寒いのでカバンの中のミニミニカイロを取り出してケープに包んで首周りにくっつけてました。さすがにこれだけやると、さほど寒さは感じない。少々膝の辺りがスースーするので、腿の裏とか膝のところにもカイロを貼りつけておけば良かったかなあ、と思ったくらいでした。でも、並んでいる人の中には素足にサンダル履き、という人がいて目がテン~。(^^;) 若いのか、普段から鍛えているから平気なのか、それとも鈍いのか、おにーさん?(^^;)(失礼だな)

 しかし、1時間半くらいでいったん列は解散に。
 さすがにハンズの駐車場前を占拠しているのはマズイと感じたらしく、7:00過ぎには整理券を配り始めたんです。
 最初の説明では、「SD4体は入荷分以外にも若干の受注あり。受注券が無くなり次第終了」だそうでした。ちなみに、DDは受注なし、なぜかキャンディは1体も入っていないとのことでした。
 そして整理券を配り始めて数分後の第一声。

「橘純、入荷分は終了しました」

 うぅむ、やはり一番に無くなったか! でもまだ受注分がある。受注分が無くなりませんように。どうか無くなりませんように~!!(必死)

 順番が来るまで30分近くかかりましたが、その間、いつ、
「ごめんなさい! 受注分も終了しましたー」
 と言われるかと、誇張ではなく心臓バクバク状態。これまた比喩ではなく、ポケットの中のミニミニカイロを握りしめて祈ってました。

 そして、ようやく私の番。「何をご希望ですか」と聞かれ、「橘純を」と言うと、「はい、どうぞ」と整理券と受注券を渡されました。うぅ、良かった。間違いなく「受注券・橘純」と書いてある。お迎えできるんだ~。(感涙)
 受注券を握りしめ、私が列を離れた途端、
「橘純、受注分も終了してしまいました!」
  うわ、最後の1枚だったんだ~っ! もし私の前に純を希望する人があと1人いたなら…と思って冷や汗の出た私でした。本当に良かった。
旧Diaryデータ | TB(-) | CM(-)